TAG

大阪府

  • 2022-09-25
  • 2022-10-22

10万人焼肉店の事業者数:都道府県ランキング(平成28年経済センサス)

大阪のJR環状線・近鉄の鶴橋駅界隈には、駅のホームにもいても焼肉店の排煙が漂ってくるほど、周囲には多くの焼肉店があります。駅を降りたらすぐ焼肉店だらけです。また、管理人が普段うろちょろしている大阪京橋界隈も焼肉店が多いです。大阪はさぞかし焼肉店が多い地域に違いない、と思い都道府県別に10万人あたりの […]

  • 2022-09-24
  • 2022-09-25

10万人あたりのお好み焼き・たこ焼き・焼きそば事業者数:都道府県ランキング(平成28年経済センサス)

大阪の庶民の味に粉もの文化があります。お好み焼き、たこ焼き、とん平焼き、明石焼きと子供のおやつレベルから、昼飯のオカズ(炭水化物でも)、居酒屋でのメニュー含めて購買層は多岐にわたりますが、実際の店舗数はどのくらいなのでしょうか。お上が実施する経済センサスには、なんと「お好み焼・焼きそば・たこ焼店」で […]

  • 2022-01-03
  • 2022-11-19

国道1号線桜宮橋の歩道が広過ぎ!なぜ広い?

大阪市の北区と都島区の区界は、かつての淀川、今は大川と呼ばれる川が流れており、国道一号線から中央区から都島区に入るのは、桜宮橋(櫻宮橋)を渡ります。この桜宮橋、戦前は東洋一の長さを誇るアーチ橋でした。地元では銀橋と言われるこの橋の歩道がとにかくぶち抜きで広いです。なぜこんなにも広いのでしょうか。 橋 […]

  • 2021-09-20
  • 2021-09-20

城東区の豆腐屋一筋60年のお店 

それはそれは、小さな小さな豆腐屋さんが大阪市城東区の野江2丁目にあります。まるで昭和のドラマに出てきそうです。軒先にある什器、そして豆腐の水槽にはお豆腐、厚揚げ、京揚げが並んでいます。経営されているのは老夫婦とその息子さんと思われる方です。野菜から肉から何でも買えるスーパー、24時間やっているコンビ […]

  • 2021-09-05
  • 2021-09-05

鴫野のフルーツ屋さんと総菜諸々

大阪市城東区、蒲生四丁目交差点の今里筋を南下し、タカラスタンダードさんの本社を抜けて、さらに南へいくと、学研都市線、おおさか東線、今里筋線の鴫野駅に着きます。そのすぐ手前(駅の北側)に、店名と売られている商品にあまりにもギャップがある名店・迷店があります。今里筋の「鴫野二」の交差点に面しており、週末 […]

  • 2021-09-04
  • 2022-04-24

二郎系ラーメン 新大阪最寄り 西中島・南方

新大阪駅の南側、地下鉄御堂筋線だと新大阪駅から1駅隣の西中島南方駅、もしくは阪急京都線の南方駅最寄りに、二郎系ラーメンがあります。淀川区でこのあたりは、ラーメン店さんが数多くある地域でもあります。最寄りにある、ラーメン店「人類みな麺類」はいつも多くの人が並んでいますが、そこに並び飽きた方、もしくは単 […]

  • 2021-08-16
  • 2021-08-17

明福寺脇にあった寝屋川と井路を通す樋門

大阪府大東市、寝屋川沿いにある明福寺最寄りに石碑を見つけました。何やら歴史的な偉業を讃えるかのような記念碑のようです。石碑に掘ってある字を手で読み取るかのごとく近づいて、色んな角度での読解を試みていたところ、最寄りのお宅から可愛い猫さんを抱えた女性が出てこられました。ひょっとして何かこの石碑の事で知 […]

  • 2021-08-14
  • 2021-08-15

京橋駅に1トン爆弾が落ちた日

1945年8月14日、京橋駅に1トン爆弾が落ちました。日本が終戦日としているのが8月15日ですので、その1日前です。当時の京橋駅は、片町線(今の学研都市線)と城東線(今の大阪環状線)が交差している駅で、その日も多くの方が最寄りの工場への出勤等でたくさんの人が集まっていた時でした。最寄りの陸軍工場を狙 […]

  • 2021-06-20
  • 2021-06-20

旭区大宮4丁目界隈の煙突元の調査

大阪はキタから、なるべく市内の雑踏を回避して淀川沿いに守口方面に向かう際に、東西を跨ぐ通りとして城北公園通(しろきたこうえんどおり)があります。この幹線道路沿い、よほどタイミングよくないと気付かず見逃してしまう煙突を発見しました。幸いなことに通り沿いにコンビニ(1階建て)があり、その裏に煙突を確認で […]

  • 2021-06-19
  • 2021-06-19

京橋・蒲生4駅最寄りの煙突元の調査

京橋の東、蒲生四丁目交差点の西、国道の南側、旧野崎街道の北側、ひっそりと住宅街の中、とある煙突を見つけました。もともと奇抜なデザインの建物を見つけたことが始まりです。どのような施設かを推察するには難しいデザインでした。遠目からもそのド派手は色と設計が目立ちます。ここは一旦何なのか、建屋の裏手まで回っ […]