CATEGORY

地図

  • 2021-03-07
  • 2022-11-23

京橋界隈にあった巨大な池?

前回に引き続き、大阪環状線の京橋駅から桜ノ宮駅方面に向かって線路沿いを歩き、これまた歴史を振り返ることができる遺構に加え、その遺構の名称から周辺地域の歴史の流れを振り返るため、古地図をもとに整理していきたいと思います。京橋駅から桜ノ宮駅の環状線下をくぐるアンダーパスで、自動車が通れない歩行者、自転車 […]

  • 2021-02-28
  • 2022-11-19

京橋界隈の井路川(筋遺井路川)跡地の遺構

京橋駅のある都島区、西には淀川の支流の大川、北には淀川があり、南には寝屋川が流れる三方ともに、河川に囲まれている地域です。かつては農村地帯だった旭区、都島区、城東区に沢山の井路川(いじがわ)と呼ばれる小さな川・水路が流れていたようです。今ではほとんどの井路川は埋め立てられて道路や公園になっています。 […]

  • 2021-02-23
  • 2021-09-05

京橋駅東の鯰江川と大和街道

京橋駅東からすでに埋め立てられた鯰江川(なまずえがわ)が城北川までの道筋、そしてほぼ平行してる大和街道(一部、古堤街道、野崎街道とも呼ばれます)を歩いて気づいた点を整理

  • 2021-02-22
  • 2022-10-30

京橋駅南側に階段がある理由

JR、京阪本線、地下鉄と交通結節点である京橋駅。京阪とJRを乗り継ぐコンコースの南側に階段があります。なぜこんなところに階段があるのでしょうか?「そりゃ、土地の高低差が違うからでしょ」というのは小学生でもわかりますが、ではなぜその高低差があるのか、という点について調べてみました。一般的に日々の通勤や […]

  • 2021-02-14
  • 2021-04-03

京阪京橋駅の今昔

かつての京阪京橋駅は今ある京橋駅とは異なる場所にありました。高架されるまでの京阪京橋駅、高架前の路線などを振り返ってみたいと思います。今、京橋駅は、JR(環状線、学研都市線)、京阪本線、地下鉄と公共交通の結節点であり、人々の移動に多く貢献していますが、かつての京阪の京橋駅がどこにあったのか、どこを走 […]

  • 2021-02-14
  • 2022-11-23

片町線の起点駅だった片町駅

かつて存在した片町線の始発駅の片町駅。周辺環境の鉄道事情の変化、物流産業の変化に伴い、京橋駅から西へ伸びる東西線の開通に伴い、それまでの役割を全うし、廃駅となります。

  • 2021-02-14
  • 2021-05-23

網島駅(あみじま)の15年

関西の環状線、京橋駅と桜ノ宮駅の中間くらいに、網島(あみじま)駅がありました。「綱島駅」と文字だけみると、関東の東急東横線にある綱島駅(つなしま)と間違えそうになりますが、関西にあった綱島駅は1898年に開設され、1913年に廃駅になりました。このブログではかつてあった関西の綱島駅(あみじま)を振り […]

  • 2021-01-31
  • 2021-12-28

京橋駅北西にあった大阪大学

京橋駅北西側に現在は、NTT西日本の新京橋ビル・研修センター、そして大阪府立東高校があります。この地はかつて大阪大学工学部があって、京橋駅界隈は多くの学生が行き交う学生街だった時代もあったわけです。。大阪大学工学部を遡ると、大阪帝国大学工学部、大阪工業大学、大阪高等工業学校、大阪工業学校となります。 […]

  • 2021-01-17
  • 2022-11-19

淀川貨物駅の今昔

かつて、大阪市都島区の淀川沿いに広大な貨物駅がありました。当時の情報を整理しつつ、今の淀川貨物駅跡がどのようになっているかを整理したいと思います。また貨物駅と同様に電車区(電車の検査・修繕・技術管理など行い、鉄道関係者の事務所がある場所)として機能し、貨物列車の機関車のみならず、客車をはじめ、多くの […]

  • 2021-01-16
  • 2021-04-03

城東・淀川貨物線の軌跡

かつては城東貨物線と呼ばれ、現在は2019年に旅客線(おおさか東線)となっていますが、かつて「デルタ線」を形成し、京橋界隈を貨物列車が通っていた軌跡を歩いてみました。この路線は、貨物駅だった「淀川駅(1982年で廃駅)」までの引き込み路線として、「淀川貨物線」とも呼ばれていたようです。また、この淀川 […]