AUTHOR

kinokohinting

  • 2021-06-18

京橋・野江内代駅最寄りの煙突元の調査

京橋と野江内代の間は、都島区・城東区の静かな住宅街が続きます。場所によっては、中高層の集合住宅が林立している地域もある一方で、戸建ての住宅街が格子状の道路に密集しているエリアもある中で、近年は戸建て住宅街にあっても通りに面した地域では中規模の集合住宅を多く確認できます。そんな地域にありながら、片側1 […]

  • 2021-06-15
  • 2021-06-15

関目最寄りの煙突元の調査

遠くから見ると、少しびっくりするくらいのインパクトある煙突です。煙突が空色に近い水色のバックボーンに、可愛いパンダたちが多く描かれています。空の色と煙突の色が同じ色くらいのタイミングになるとまるで、パンダが空にいるかのような錯覚になるときもあろうかと思います。今回はこの煙突元について記述したいと思い […]

  • 2021-06-13
  • 2021-07-23

森小路・千林大宮駅界隈の煙突元の調査

森小路・千林は活気ある商店街が多くある地域であり、週末の昼間の商店街はそれこそ多くの人が行き交う場所でもあります。その理由として、かつて多くの人が往来した京街道に沿って商店街があり、戦前からも宅地が存在していたこと、太平洋戦争時の米軍からの空襲被害が比較的少なかった地域でもあります。 旧京街道の西側 […]

  • 2021-05-25
  • 2022-11-19

水道上陸橋:旧桜ノ宮線と城東線の合流地点

大阪環状線の京橋駅と桜ノ宮駅間にて井路を跨ぐいくつかの鉄道遺産を紹介してきましたが、ここでは井路ではなく、人が往来する道路を跨ぐための鉄道橋を紹介します。アーチづくりなので見た目も美しいです。大川(旧淀川)を跨ぐために築堤が高くなっており、またすでに廃駅となっている網島駅(今の大阪府立東高校あたりに […]

  • 2021-05-22
  • 2021-11-03

スマホ2台でトリマ:福岡-新大阪の山陽新幹線

移動するだけでポイントをため、それをAmazon、楽天、ナナコなどの主要なポイントへ変換、もしくは銀行振り込みをしてくれる、トリマ、というアプリがあります。前回は、新大阪から博多までスマホ1台で貯めてみましたが、今回はより多くポイント(トリマアプリでは「マイル」と呼称され、100マイル=1円、という […]

  • 2021-05-16
  • 2022-11-19

環状線:京橋から桜ノ宮間の井路川4本目

もともと、大阪市の都島区・城東区・旭区界隈にあった、農業用の水路としての井路川(いじがわ)、榎並川、鯰江川など、すでに埋め立てられた跡地や遺構を巡って、散歩がてらあちこち調べてきたことが始まりですが、JR環状線の京橋から桜ノ宮間をまたぐ4本目の井路川について、歴史の変遷を確認できる当地の遺構も含めて […]

  • 2021-05-14
  • 2021-06-29

森ノ宮駅・緑駅最寄りの煙突元の調査

JRの大阪環状線森ノ宮駅の南東、大坂地下鉄の中央線・今里筋線の緑駅の南西の場所に、これまた煙突が見える地域があります。さてさて、この煙突元は何でしょうか?かつての銭湯か、或いは今も現役の銭湯なのか、いやいやかつての工場か、それとも現役の工場でしょうか?看板がありましたので、現役の会社のようですが、「 […]

  • 2021-05-09

今福鶴見駅最寄りの煙突元の調査

大坂地下鉄の長堀鶴見緑地線の今福鶴見駅の南東に少し歩くと、煙突が見えてきます。この煙突元は何でしょうか?かつての工場か、それともかつての銭湯、或いは今も現役の銭湯なのか。おそらくは・・・ 【結論】現役銭湯の「パール新温泉」さんの煙突 近づくとやはりその高さに驚きます。周囲に集合住宅はありますが、3階 […]

  • 2021-05-01
  • 2021-11-03

トリマ:新大阪から博多までの山陽新幹線

移動するだけでポイントがたまるアプリがあります。多くの種類があるかと思いますが、ここでは「トリマ」というアプリを取り上げてみます。新大阪から博多まで、622.3kmを山陽新幹線で移動した時、どのくらいマイルはたまるでしょうか。やってみました。実施環境、各駅での状況などを画面キャプチャーしています。 […]

  • 2021-05-01
  • 2021-05-03

せせらぎ水路となった御領の井路

井路(いじ)と呼ばれた農村地帯の水路がその役目を終えて、現代ではせせらぎ水路として地域の方に潤いと安らぎを提供している場所があります。大阪府大東市の御領(ごりょう)と呼ばれる地域の一画に行政・地域の方の尽力ににより、今はせせらぎ水路として当初の目的を変えて当時の姿をわずかばか残しています。かつて農村 […]