AUTHOR

kinokohinting

  • 2021-09-20
  • 2021-09-20

城東区の豆腐屋一筋60年のお店 

それはそれは、小さな小さな豆腐屋さんが大阪市城東区の野江2丁目にあります。まるで昭和のドラマに出てきそうです。軒先にある什器、そして豆腐の水槽にはお豆腐、厚揚げ、京揚げが並んでいます。経営されているのは老夫婦とその息子さんと思われる方です。野菜から肉から何でも買えるスーパー、24時間やっているコンビ […]

  • 2021-09-05
  • 2021-09-05

鴫野のフルーツ屋さんと総菜諸々

大阪市城東区、蒲生四丁目交差点の今里筋を南下し、タカラスタンダードさんの本社を抜けて、さらに南へいくと、学研都市線、おおさか東線、今里筋線の鴫野駅に着きます。そのすぐ手前(駅の北側)に、店名と売られている商品にあまりにもギャップがある名店・迷店があります。今里筋の「鴫野二」の交差点に面しており、週末 […]

  • 2021-09-04
  • 2022-04-24

二郎系ラーメン 新大阪最寄り 西中島・南方

新大阪駅の南側、地下鉄御堂筋線だと新大阪駅から1駅隣の西中島南方駅、もしくは阪急京都線の南方駅最寄りに、二郎系ラーメンがあります。淀川区でこのあたりは、ラーメン店さんが数多くある地域でもあります。最寄りにある、ラーメン店「人類みな麺類」はいつも多くの人が並んでいますが、そこに並び飽きた方、もしくは単 […]

  • 2021-08-16
  • 2021-08-17

明福寺脇にあった寝屋川と井路を通す樋門

大阪府大東市、寝屋川沿いにある明福寺最寄りに石碑を見つけました。何やら歴史的な偉業を讃えるかのような記念碑のようです。石碑に掘ってある字を手で読み取るかのごとく近づいて、色んな角度での読解を試みていたところ、最寄りのお宅から可愛い猫さんを抱えた女性が出てこられました。ひょっとして何かこの石碑の事で知 […]

  • 2021-08-14
  • 2021-08-15

京橋駅に1トン爆弾が落ちた日

1945年8月14日、京橋駅に1トン爆弾が落ちました。日本が終戦日としているのが8月15日ですので、その1日前です。当時の京橋駅は、片町線(今の学研都市線)と城東線(今の大阪環状線)が交差している駅で、その日も多くの方が最寄りの工場への出勤等でたくさんの人が集まっていた時でした。最寄りの陸軍工場を狙 […]

  • 2021-08-14
  • 2021-08-15

ある自閉っ子の歩み          (その1 違和感を感じるのは母のみ)

2021年8月現在、公立小学校の特別支援学級に通う小学一年生の彼(自閉スペクトラム症、知的遅れなし、精神障がい者手帳3級所持。一人っ子。)と、 夫は県外単身赴任、実家も県外で、仕事に家事・育児に奮闘する私。 毎日があっという間に過ぎていく中で、彼の成長の過程を残したい。 もし、似たような状況で悩んで […]

  • 2021-08-13

パン小売り業(製造小売り・小売りのみ)の都道府県別整理

パンの小売り業には、製造小売りと小売りの2種類があります。製造小売りは、お店の中でパンを焼いてそれを販売しているお店、小売は店内でパンを焼いておらず、純粋にパンの小売りのみをやっているタイプです。以前のブログでは、都道府県別のパン小売り業を10万人あたりの順位を整理した際に、この製造小売りと小売りの […]

  • 2021-08-12
  • 2021-11-07

コロナの在宅療養及びワクチン副反応の備え

デルタ株の蔓延により、コロナ陽性者が急増しています。従来ならば入院しているレベルの状態の方でも、コロナによって命を落としそうな方をより優先させるため、自宅療養を強いられる状態です。最寄りにご家族がいらっしゃる場合は良いですが、最寄りの支援を受けられることのないリアルな一人暮らしの方は文字通り死活問題 […]

  • 2021-08-11
  • 2021-12-04

フードデリバリ新規登録で1万円のただ飯。コロナ禍の備え

コロナ禍において、街中では大きなバッグを背負う自転車・原付、もしくは荷台を乗せて走るフードデリバリの方々を多くみかけるようになりました。メジャーどころのUberをはじめ、国内古参の出前館、その他海外資本のデリバリー会社が多く参入しています。共通しているのは、どこの会社も顧客獲得のために、膨大なプロモ […]

  • 2021-08-10
  • 2021-08-10

都島駅界隈の煙突元の調査

大阪市営地下鉄、谷町線の都島駅最寄りに煙突を発見しました。最寄りには、「桜通商店街」があります。在りし日の栄振りを伺いつつも、時代の変化とその狭間の中で、周辺模様も変わりつつ、少し寂しい雰囲気が漂いつつも、まだまだ元気に頑張っているお店もあります。その商店街を抜けて、「鵺塚(ぬえづか)」を抜けたあた […]